2021年12月9日
第1回 佐久間二郎能の会「三曜会」

能「安達原 ~黒頭~」

シテ:佐久間二郎

狂言「靭猿」

シテ:野村万作 野村萬斎

『初心者でも分かりやすい能を上演する』ことをコンセプトに、ストーリーも明確、かつドラマ性の高い演目を上演してきた「三曜会」。
 第10回目となる今回の能は「安達原」を上演します。陸奥・安達ケ原の荒野に住む一人の女。実はその正体は、旅の人間を取って食べる鬼であった。人間の業の深さを抉り出す、哲学的な内容の能。また狂言は、猿と人間の心の交流を描いた「靭猿」を上演。同じく人間の持つ深い心理を描いた、楽しくて感動的な内容の狂言です。
 また、佐久間二郎による「能の見どころ」解説や、笛方・一噌幸弘師による「笛独奏」など、今年も盛りだくさんの内容をお届け!10年の節目を記念した「三曜会」ならではのラインナップを存分にお楽しみくださいませ。

ギャラリー

第9回「夜討曽我」前.JPG
第9回「夜討曽我」後.JPG